加圧トレーニング

アイコン<当院加圧トレーニングの特徴>
アイコン最新のデータを応用

office-k-kaatsu-training-tokyo-fatlosstokyo-meguro-kaatsutraining-system

大学病院などの各研究機関によって日々更新される筋骨格系の科学的データやトレーニング理論、栄養学の最新データを基にトレーニングメニューを構築いたします。基本的なトレーニング理論をベースとして、その上に最新の理論を載せることで最良のトレーニング効果を得ることを実現していきます。

アイコン運動学に基づくトレーニングメニュー


各種競技の運動学的特徴に合わせてトレーニングメニューを構築いたします。競技の特性に見合った関節運動学に基づいてトレーニングメニューを構築することはパフォーマンスの最大化に役立つと共に、各筋肉の造形にも大きな影響を与えます。様々な競技の中でもゴルフや野球のスイングモーション及び投球モーションの劇的な変化には定評を頂いております。

アイコンリハビリテーションへの応用


当オフィスが加圧トレーニングを導入したきっかけは、骨折や捻挫といった外傷後のリハビリテーションに非常に有効であることが科学的データで明らかになったことがきっかけでした。時は流れて現在ではダイエットやアスリートパフォーマンスの向上などで応用されていますが、加圧の最大の特徴はスポーツ障害のリハビリが通常のリハビリよりも短期間で済むことです。傷害そのものは治っているものの痛みが引かない場合など、機能低下からの回復が遅れている方は是非一度ご相談ください。

アイコンサプリメント
tokyo-meguro-kaatsutraining-supplementoffice-k-kaatsu-training-tokyo-supplement
トレーニングに必須のプロテインやBCAA等はもちろん、各種疾患に必要な栄養素をご紹介いたします。杓子定規のではなく、時々の身体の状況に合わせたサプリメントアドバイスを行います。
アイコン食事指導に対する基本姿勢
tokyo-meguro-gakugeidaigaku-sportschiropractic-kaatsutraining-diet-foodCropped image of beautiful woman eating fresh vegetable salad
当オフィスは皆様のQOL(生活の質)の向上に貢献するために加圧トレーニングを導入いたしました。よって、健康を害する可能性のある過剰な食事制限(過剰な炭水化物制限など)を指導する事は基本的にございません。美味しいものを美味しく食べ、趣味の時間を大いに楽しんでいただくための加圧トレーニングです。お客様お一人お一人の希望やライフスタイルに合わせたメニューをそれぞれご提案させていただきます。
アイコンこんな方に加圧トレーニングはオススメです。
1)スポーツ傷害などの傷害後の機能回復
 ・足関節捻挫や骨折といった外傷急性期の鎮痛効果
 ・前十字靭帯損傷などの受傷後の組織治癒の促進
 ・骨粗鬆症の予防及び改善
 ・大腿骨頭壊死の進行の抑制及び痛みの軽減(歩行能力の回復)
 ・上記の傷害に対する手術後のリハビリテーション

2)妊娠中の廃用症候群からの復帰
 ・長期間安静にすることにより低下した筋力、筋肉量、関節機能の回復
 ・出産により著しく変化した体質の改善
 ・育児ストレスからの解放
 ・産後のボディメイキングには高い評価を頂いております。是非一度ご相談ください。

3)筋力アップで体力の増進・メタボリックの改善
 ・廃用性萎縮(ギプスによる固定等)による身体機能・労作機能の低下
 ・加齢による筋委縮・筋量及び筋力の低下(サルコぺニア)
 ・肥満(脂肪燃焼)、糖尿病等の代謝性疾患

4)成長ホルモンの働きを高める
 ・病気と闘う白血球増殖活性の上昇
 ・抗腫瘍ナチュラルキラー細胞の増加
 ・細菌に抵抗するマクロファージへの刺激と好中球の成熟促進

5)ダイエット・ボディーメイキング
 ・局所または全体のシェイプアップ
 ・基礎代謝力のアップによる体脂肪の燃焼

6)その他
 ・自律神経活動の増加
 ・高齢者の方の転倒予防
 ・活動意欲の増加

アイコンますます求められる加圧トレーニング~一億総活躍社会~

tokyo-meguro-sportschiropracticdoctor-sportsdoc-kaatsudoc-fly Matjaz Wiegele on Planjava - kamnik and Savinja Alps

年金などの社会保障問題が深刻化し、将来への見通しが不透明感を増す中で私たちが護るべき最大の資産の一つが「健康な身体」です。トレーニングは、放置すれば低下していく一方のホルモンバランスや内臓機能の低下に歯止めをかけ、身体全体の機能を維持または向上させてくれます。筋力を維持していれば、70代80代でも登山や釣り、ゴルフなどなど様々な分野に挑戦することができるでしょう。筋力や筋肥大には年齢は関係ありません。80歳でエベレスト登頂を果たした登山家の三浦雄一郎氏も加圧トレーニングの愛好家です。
医学の進歩と共に寿命が延び、現役生活を送る時間も伸びる事でしょう。それによって何歳になっても社会との良好な関係を築くことが求められます。
加圧トレーニングで最高資産「健康な肉体」を手に入れ、明るい未来を皆様と共有できれば幸いです。
トップへ戻る