カイロプラクティック

適応症状
・首、腕の痛み、痺れ、麻痺
頚椎ヘルニア(Cervical Disk Herniation)、斜角筋症候群( Scalenus Syndrome)、胸郭出口症候群( Thoracic Outlet Syndrome)、頚椎性頭痛(Cervicogenic headache)、寝違え(Sprained Neck)、骨化性筋炎(Myositis Ossificans)、頚椎性めまい(Cervical Vertigo)
・肩の痛み
五十肩(Frozen Shoulder)、インピンジメント症候群(Impingement Syndrome)、ローテーターカフ損傷(
Rotator cuff Injury)、上腕二頭筋長頭腱炎(Biceps Brachii tendinitis)、外側腋窩裂症候群、重度の肩こり(Stiff neck)
・中背部痛
猫背(Slight Stoop)、肋間神経痛(Intercostal Neuralgia)、背部痛(Back Pain)、脊椎側弯症(Scoliosis)
・腰痛、臀部痛、脚の痛みやしびれ、脚の麻痺
腰椎椎間板ヘルニア(Lumber disk Herniation)、腰椎分離症(Spondylolysis)、腰椎滑り症( lumbar spondylolisthesis)、坐骨神経痛(Sciatica) 、梨状筋症候群(Piriformis Syndrome)、骨化性筋炎(Myositis Ossificans)、急性腰痛(Acute Lumbosacral Strain.)、内転筋やハムストリングスの肉離れ(Torn Muscle)
・腕の痛み
テニス肘(Lateral Epicondylitis)、ゴルフ肘(Medial Epicondylitis)、リトルリーグ肘( Little League elbow Syndrome)、肘部管症候群(Cubital Tunnel Syndrome)、回内筋症候群(Pronator syndrome)、橈骨管症候群( Radial Tunnel Syndrome)
・手首の痛み
手根管症候群(Carpal tunnel Syndrome)、ド・ケルバン症候群(腱鞘炎)( de Quervain disease)、インターセクション症候群(Intersection syndrome)
・股関節の痛み 
変形性股関節症(Osteoarthritis of the hip)、大腿骨頭すべり症(Slipped Capital Femoral Epiphysis)、関節包炎(Capsulitis)、鼠径部痛(Inguinodynia)、恥骨結合炎(osteitis pubis)
・膝の痛み
オスグッド病(Osgood-Schlatter disease )、腸脛靭帯症候群(ランナー膝)(Iliotibial band syndrome)、半月板損傷(Meniscal lesions of the knee)、変形性膝関節症(gonarthrosis)、ジャンパー膝(Jumper’s knee)、膝窩筋腱炎(Popliteus tendinitis)、膝蓋大腿関節症(Patellofemoral joint syndrome)
・足首・足の痛み
足関節捻挫(Ankle sprain)、足底筋膜炎(Plantar Fasciitis)、アキレス腱炎(Achilles peritendinitis
)、足根管症候群(Tarsal tunnel syndrome)、モートン神経腫(Morton’s Neuroma)、立方骨症候群
・顎関節症(Temporomandibular joint disorder)
顎関節に存在する関節円板の異常な運動パターンや靭帯及び咬筋群の過緊張、頚椎のサブラクセーションを取り除くことにより痛みや捻髪音を除去します。
・自律神経失調症(Dysautonomia)
血圧の激しい変動、めまい(dizziness )、耳鳴り(Tinnitus)、吐き気(Nausea) 偏頭痛(Headache)、倦怠感(general malaise)、不眠症(Insomnia)、生理不順(menstrual irregularity)、味覚障害(dysgeusia )といった身体症状

初診時の流れ
1. 問診 (症状の発生状況、健康状態、病歴や手術、事故歴など)
2. 姿勢検査(全体的な体のバランス)
3. 関節可動域の検査(どのような動きで症状(痛み)が悪化するか)
4. 触診検査 (関節の位置、筋肉、腱、靭帯など)
5. 症状とその原因、治療法についての説明
6. 治療(アジャスメント、動的筋膜リリース、フリクションマッサージなど)
7. 術後検査(治療前後の可動域や痛み)
8. 治療計画についての説明 (治療頻度、治療内容など)

治療時間
・初診の方 約1時間
・2回目以降 30~40分
土曜日、日曜日、祝日も診療しております。ぎっくり腰などの急性症状には即対応致しますのでお気軽にご連絡ください。
お持ちいただくもの
・柔らかい素材のお着替え(当院でもお着替えはご用意しておりますが、お好みでお持ちください)
・レントゲンやMRIの画像データ(お持ちの方)

治療について
「ステージ1:痛みの改善」
痛みや違和感、不快感等の自覚症状の改善はを最優先段階です。このステージでは日常生活において、症状が自覚されないレベルまで改善することを目指します。この段階ではリハビリや運動療法は行ないません。痛みの除去に専念します。
治療頻度  3日~7日に1回
治療回数の目標 3~6回
「ステージ2:症状の安定化と関節機能の改善」
このステージでは、自覚症状がほとんど認められない状態です。おそらくこの段階で治療を終了してしまう方がほとんどかと思いますが、この段階に積極的にリハビリ・運動療法を行うことがさらなる症状の改善と安定化、再受傷・症状の再発を防ぐ上で非常に重要となります。もちろん患者さんの許容範囲内で行います。このステージではカイロプラクティックと運動療法の両方を併用します。
治療頻度 10日~14日に1回
治療回数の目標 3~6回
「ステージ3:メンテナンス」
ステージ2で獲得した良好な状態を長く維持する事を目標とするステージです。定期的に筋肉、骨格、神経系をメンテナンスすることで障害の芽を摘み、正常な身体機能が長期間維持されることを目指します。
治療頻度 2週間~4週間に1回
治療回数 適宜行う
「ステージ4:運動機能の向上」
このステージは通常アスリートの方のためのものですが、普段運動をされない方の日常的な動作の改善=傷害予防にも応用できます。このステージでは各競技の特性に見合った運動パターンや関節機能の獲得、神経伝達及び筋収縮スピードの改善を目指します。この段階で行うカイロプラクティックは、痛みを除去するためのカイロプラクティックとは異なり、正常な関節運動を獲得するためのカイロプラクティックを行います。あくまでもパフォーマンスの向上に特化したステージとなります。
治療頻度 ケースバイケース

『動的筋膜リリーステクニック』
筋肉と筋膜、また筋膜と神経の間といった軟部組織同士の癒着や、外傷後の組織の瘢痕化(コラーゲンの沈着)、靭帯の硬縮、Frozen shoulder(50肩)などに見られる関節包の硬縮の改善に非常に効果的です。
こういった軟部組織の変性は、ハードなトレーニングやオーバーユース(その逆に運動不足による機能低下でも起こりうる)、外傷を受けた組織等で発生し、筋肉の局所痛や圧痛、関節の可動域制限、末梢神経への影響の原因となります。アスリートの方または普段あまり体を動かさない方を問わず、この治療法による筋肉や筋膜のコンディショニングは障害の予防、慢性的な痛みの除去、リハビリ期間の短縮に効果を発揮します。
治療方法
触診によって問題の部位を特定し、自動的運動もしくは治療家による他動的な運動を用いて筋と筋膜の癒着、筋と神経の癒着といった異常部位の組織をリリースします。リリースすることによって癒着が剥がれ、軟部組織の再修復と痛みの軽減を促進し、正常な機能を回復させます。

『Chiropractic Adjustment;カイロプラクティック』
検出されたサブラクゼーション(関節の変位や運動障害)を正しい方向に矯正し、正常な関節ポジションと関節可動域を取り戻します。
治療方法
触診検査によって鑑別した関節の変位(ズレ)や、関節の運動異常に対してアジャストメント(手技によるソラスト)することによって、正しい関節ポジションと適切な関節運動を取り戻します。年齢や症状に合わせて強度の異なるアジャストメント適用し、より安全に関節を動かしていきます。痛みは伴いませんのでご安心ください。
また、特徴の異なる個々の関節運動に合わせたアジャストメント法を用いることで、運動時における関節の誤った運動パターンを劇的に改善できます。これは、じっとしていると痛みはないのに動き始めると途端に痛みが発生してしまう、いわゆる動作痛をお持ちの方に非常に有効です。
さらにこの方法は、スポーツ傷害の受傷リスクを下げ、アスリートパフォーマンスの回復にも非常に効果的です。

『Arthro-Kinesiological Technique』
アスリートパフォーマンス及び日常生活での動作痛にフォーカスしたテクニックです。
治療方法
科学的根拠に基づいた関節運動学をもとに異常な関節運動を検出し、手技によって正常な関節運動の方向、関節の可動域を回復します。急性期、慢性期問わず運動及び動作に伴う痛みには非常に効果的な治療法です。特にアスリートパフォーマンスにおける関節への過剰な負担を低減するのに非常に役立ち、日常的なコンディショニングとしても効果を発揮します。
例:安静時は痛くないが、特定の角度まで肩を上げると痛い。座ってると痛くないのに立ち上がると腰が痛い。膝を曲げるときだけ痛い。真っ直ぐ向いていると痛くないが、頭を前に傾けると首が痛い etc 。

『神経のリリース・モビリゼーション』
神経線維そのものの機能が低下することにより身体各所に痛みなどの症状が出ることがあります。原因は外傷やヘルニア、代謝機能の低下、筋との癒着などなどさまざまです。神経の機能低下とは、神経線維の粘弾性が失われてしまったり、炎症が起こって腫脹しているような状態です。このような状態に陥っている神経の状態を改善することによって、原因が不明確であった身体各所の痛みや、関節や筋肉へのアプローチだけでは取りきれなかった症状に対して非常に効果的です。具体的には慢性的な坐骨神経痛やヘルニア、急性期のヘルニア、自律神経失調症、慢性腰痛及び背部痛等が挙げられます。非常に敏感な組織ですので治療中は痛みを感じないことを前提に神経に触れていきますのでご安心ください。
office-k-chiropractic-tokyo-nerve-system

『リハビリテーション』
症状の改善後、低下している筋出力や関節運動、固有感覚受容器のリハビリテーションが推奨されています。
固有受容感覚というのは、“平衡感覚(筋機能や関節のポジションを脳に伝達する神経伝達機能)”のことです。
この平衡感覚に異常がある場合、関節の正しいポジションを脳が認識できず、姿勢異常や筋出力の低下及び反射運動に遅延が生じ、それが再受傷や症状の再発リスクを高めます。
同じ障害を繰り返さない為にもリハビリテーションは非常に重要です。

『スリートの皆様へ』
tokyo-meguro-kaatsu-sportsdoc-sportschiropracticdoc-weghttrainingtokyo-meguro-sportsdoc-sportschiro-kaatsu-doctor-gymnastictokyo-meguro-sportsdoc-sportschiropractic-kaatsu-baseball-painwomen's football
スポーツ障害の要因には様々なものが存在しますが、競技者の皆様に早急に競技に復帰して頂くべく、治療の際は以下のポイントにフォーカスして効率的な症状の改善を目指します。
1.静的な関節の機能的不安定性の改善
2.関節の異常運動パターンの改善
3.筋線維の状態の改善
4.機能的運動連鎖の改善
5.神経伝達機能の改善
スポーツ障害で多く見られる傾向に「異常な運動パターン」があります。怪我や慢性痛を我慢して運動をするために、痛みを避ける「代償的動作パターン」を反復してしまい、中枢(脳)に異常な運動パターンが刷り込まれる(固定化)されてしまいます。この一連の流れが、再受傷や症状の慢性化につながります。
上記の1に挙げた「関節の機能的不安定性」が背骨で発生すると、いわゆる「軸」がブレている状態になります。軸のブレは手足の関節のブレに直結し、異常な運動パターンの原因になります。この状態は、アスリートパフォーマンスの低下に直結し、様々なスポーツ障害の要因になります。日常的に軸のブレを無くすことはパフォーマンスレベルの向上には必須と言えます。

また、アスリート特有の問題に「日常動作では痛みはないが、負荷がかかると痛みが出る(例,ベンチプレスで一定の重量以上になると痛む。関節をこれ以上曲げると痛む等)」というものがあります。
こういった問題は今までなかなか改善されにくかったのではないでしょうか?
確かに従来のカイロプラクティックのテクニックだけでは対処が非常に難しい問題ではあります。
しかし、当オフィスの関節運動学に則した治療により、高負荷時の痛みが劇的に改善するケースがあります。
高重量を扱う競技で痛みにお悩みの方は、復帰をあきらめることなく一度ご相談ください。

リハビリ・機能改善スペースの設備
office-k-chiro-balanceballoffice-k-chiro-balancepad
バランスボール、バランスパッドを使うことで、関節の不安定性を改善させることができます。特に、関節を安定させる靭帯や深層部の筋を再教育するのに有効です。
office-k-chiro-trxoffice-k-chiro-kaatsumachine
TRXは肩関節や肘関節のバランストレーニングに非常に有効です。また、脊柱の安定性化にも効果的です。全身のバランストレーニングに用います。

加圧トレーニングは捻挫や骨折といった傷害の治癒及びリハビリに非常に有効です。様々な研究機関によって、外傷やスポーツ障害のリハビリに対して有効性が明らかになっています。

適切な栄養及びサプリメントのアドバイス
tokyo-meguro-gakugeidaigaku-sportschiropractic-herb-supplement
筋肉や関節の痛みの原因は、運動不足や関節や筋肉の機能低下だけとは限りません。栄養状態や内臓の機能やコンディションも深くかかわっています。
特に近年は、過剰なダイエットや食事療法で内臓やホルモンの状態が著しく変化(機能低下)した方が多いと思います。
そこで当オフィスでは、身体全体の機能を整えるための食事指導やサプリメントのアドバイスをさせていただいております。特にホルモンや酵素など加齢に伴って減少傾向にあるものは、サプリメントによる補給が重要です。「何を買えばよいかわからない」というかたは遠慮なくご質問ください。
なぜカイロプラクティックが必要なのか?
カイロプラクティックは薬を用いたり、身体にメスを入れることがない治療法です。患者様の身体に負担をかけず(非侵襲的)に症状にアプローチできる素晴らしい治療法です。また、各障害に直結する要因を触診や様々な検査法で鑑別し、アジャストメント(正しい関節の位置に戻すこと)出来るのはカイロプラクターのみです。

もし、筋骨格系の障害で身体にメスを入れることをお考えでしたら、少し立ち止まってセカンドオピニオンについて考えてみませんか?

外科的な処置(メスを入れる)や投薬治療を行う前にセカンドオピニオンとしてカイロプラクティックを選択することで、身体に対する過度の負担やクスリの副作用を避け、保存的に症状を改善することができます。これは、日常生活や競技により迅速に復帰できるだけでなく、そのクオリティー(生活や競技の質)にも関わる重要な事です。
特に、国や組織を代表するレベルの選手が筋骨格神経系の問題を抱えてしまった場合は、ドーピングの問題や身体感覚の変化といった観点から薬を摂取せずに解決する事が望ましいと言えます。

いかに患者様の身体に負担をかけずに、痛みを除去できるか?そういった点で、カイロプラクティックは非常に優れた治療法であると言えます。

全ての国民の皆様がカイロプラクティックの恩恵を受け、快活な生活を送られることを願ってやみません。

今日では世界保健機関(WHO)がカイロプラクティックを認証しており、カイロプラクティックが科学的で、その業務に公益性があることを認めています。

カイロプラクティックのカイロ(=Chiro)はギリシャ語で“手”を意味しています。
一方プラクティック(=Practic)は”実施、実行する”という意味で、「手技による治療を行う」という意味になります。
カイロプラクティックは近代医学の発達と共に発展してきた治療法であり、解剖学、生理学、病理学などを基盤とし安全であると証明されています。

トップへ戻る