ニュース: 2018年7月

内臓機能 (2018年07月19日)

おはようございます。

今日のトレーニングは背中。
おとといのハム責めの筋肉痛が残っていたのですが、あまり深く考えずツリーカッターの高重量からはじまりそつなく終了。
いつもは背中の後にデザートとして前腕をやるのですが今日は代わりに腹筋やりました。
今日も好調。

さて、栄養摂取の話題ではどのような栄養素をどのくらい摂るか?ということが話題に上りますね。
その栄養摂取が何かの症状の治癒のためなのか、もしくは筋肥大のためなのか、狙いによって変わってくるわけですが、どのような狙いで栄養素(サプリ)を摂取するかによらず必ず共通してお伝えしていることがあります。
それは、「内臓機能を保護または改善するサプリも同時に摂りましょう」ということ。

せっかくサプリをとっても内臓機能が低下していては、効率よく消化吸収できませんし、逆に腸に負担をかけてしまうこともあるでしょう。
それでは本末転倒。

いつもセットでお勧めするのは

消化酵素
プロバイオティクス
ビタミンC
ビタミンA
シリマリン

です。

少し話が飛びますが、お子様が偏食で落ち着きがなかったり、感情の起伏が激しい場合には上記のプロバイオティクス、消化酵素、ビタミンCに加えてナイアシンアミド、ホエイプロテイン、フェロケル、ビタミンE、ビタミンBのセットが効果的です。

いろんなサプリを試した経験がある方は是非消化機能のサプリも試してみてください。
きっといろいろな意味で体感が変わってくると思います。

top-pageに戻る