ニュース: 2018年6月

協力お願いします (2018年06月05日)

いわゆる”孤児”と呼ばれる子供達の小児がん治療支援施設”mahak-charity”の募金箱の設置許可をいただきました。

現在アメリカ政府による経済制裁の影響で、ガン治療に必要な薬剤などが適正な価格で手に入らないため、施設責任者の医者の方が私財を投げ売って予算を用意し、流通ルートの事情から超高額で医薬品を購入している状況です。

どの国のどのような思想信条であろうと、最低限の適正な医療を受ける権利があるはずです。

ましてやなんらかの事情で親と離ればなれなってしまった病に伏せる子供達に手を差し伸べるのは、周りの大人たちの義務だと考えます。

ご協力よろしくお願い致します。