ニュース: 2018年5月

多発性硬化症への栄養学的アプローチ (2018年05月13日)

日本で特定疾患に指定されている多発性硬化症(Multiple Sclerosis)。
病院での治療に加えて、栄養学的なアプローチも治療に加えてみてはいかがでしょうか。

ビタミンB1(Thiamin):1500mg~4000mg/day
ビタミンB12(Riboflavin):250~1000mg/day
ビタミンB3(Niacin):500mg
ビタミンB6(Pyridoxine):300~800mg/day
ビタミンB12(cobalamin):1000mcg 週三回
ビタミンC(Ascrbic acid):10000~20000mg/day
コリン(choline):1000~2000mg/day
マグネシウム(magnesium):300~1200mg/day
亜鉛(Zinc):60mg/day

多発性硬化症はビタミンB群の欠乏も要因の一つ。
(Zimmerman HHら。Lesions of nervous system resulting from a deficiency of vitamin B complex. Arch pathology, 1932, 13:207)
(Mount HT. Multiple sclerosis and other demyelinating disease . CAN Med Assoc J. 1973,108(11):1356-1358)

治療では神経細胞への適切な栄養補給が重要、特にB-COMPLEX。
特にナイアシンアミドが非常に重要。
(Kaneko ら、 Protecting Axonal degeneration by increasing nicotinamid adenine dinucleotide levels in experimental autoimmune encephalomyelitis models. J Neurosci.,2006 26(38I:9794-804.)

top-pageに戻る