ニュース: 2018年4月

アスリート栄養学 (2018年04月28日)

ヘルスケアの必須栄養素サプリからワークアウト系サプリメントまで多種多様なサプリがあふれる今日、どの組み合わせが自分に最適か思い悩むトレーニーも多いのではないだろうか。

オーソモレキュラー医学の見地からアスリートに推奨される栄養素をご紹介します。
現在使用しているサプリメントに組み込んでみてはいかがでしょうか?

D-リボース:ATP分子の一部。ATP濃度を一定に保つ。15~20g
マグネシウム:リボースと結合。ATPの活性化に必要。800mg
L-カルニチン:ミトコンドリア内膜を超えて脂肪酸を輸送2000~3000mg
コエンザイムQ-10:電子伝達系の一部。100~200mg

上記はすべて心臓と筋肉のエネルギーとして重要な栄養素。

先日の学会ではマグネシウムの重要性が強調されていた。

これらにプラスして
ビタミンE 400~800IU
ビタミンC(水溶性、脂溶性の両方)摂取量は個人差があるため腸耐性容量を見極めながら。
亜鉛 30~50mg
B-comlex 100mg(適宜増減)

を追加。

頻繁に運動をしない人も、
日常的にビタミンC、B-comlex、ビタミンEは摂取したいところ。
ストレス過多の方はここにプラスしてナイアシンをプラスしても良いと思います。

top-pageに戻る