ニュース: 2018年3月

100%に近づける (2018年03月07日)

おはようございます。

都内は気温差がまだまだ激しいですね。

今朝は疲労が抜けきらないためトレーニングはオフにしました。
この冬好調を維持した反動か、疲労の蓄積を感じています。
明日疲労が抜けていたら胸と肩のダブルスプリットの予定。

さて、治療院の運営スタイルはいろいろあると思いますが、うちは完全予約制のマンツーマンです。私以外治療院にはいません。

理由はいたってシンプル。
治療に100%集中するためです。

これは独立する前から決めていたことでした。

インターン時代、お世話になっていた治療院は横にずらっと5~6台の治療別途を並べてカーテンで仕切りをつけただけの簡単な空間でした。

当然隣の患者さんのプライベート情報は丸聞こえで、人の往来などで気が散ることがしばしばでした。

治療院収益の効率化のためにはそういったスタイルのほうが適しているのかもしれません。
しかし私は当初から全くその気はありませんでした。

揉んだりほぐしたりといった、いわゆるマッサージのお店ならばそれでもOKでしょう。
しかし本物のカイロプラクティックを提供する以上、指先の感覚に100%集中する責任が治療家にはあるはずですし、それくらい集中しなければカイロプラクティックの治療は無理ですよね。

なんとなくでなんとかなる治療法じゃないので。

まずは治療家が集中できる環境づくりを放棄するのは、本物のカイロプラクターとしての責任を放棄しているに等しいでしょう。

top-pageに戻る