ニュース: 2018年2月

根底にある心理 (2018年02月02日)

おはようございます。

今朝のトレーニングは二頭。
スタート三種目は高重量、中盤は中程度の重量でしっかりレップスを重ねました。
非常に好調。
明日はダブルスプリットで肩と腕のパンプです。

さて、昨日このようなニュースを見かけました。

F1がレースクイーンを廃止、「現代の社会常識にそぐわず」

・・・・本当に窮屈な世の中になったものです。

少なくても私のオフィスにお越しになっているグリッドガールやラウンドガールの方々は、それこそトレーニングやメンテナンス、食事まで気を使って努力をされており、人前に立つことへの「責任」をしっかりと感じながら誇りをもって職業にされている方ばかりです。

そもそも競技会場の華である彼女たちの職業は誰かに強制されてやるものでもないですし、「性をお金に換えて搾取されている」などというおどろおどろしいものでもないでしょう。
そんなものは第三者の妄想でしかないのでは?

彼女たちの職業を女性蔑視とか騒ぐ人たちの根底にある感情、女性の場合は「嫉妬」、男性の場合は「下心」でしょう。

自分たちよりも容姿が美しい人間が、華やかな舞台に立つことに対して醜く激しい嫉妬心を募らせているようにしか見えません。
しかも自分たちのそういった潜在意識に気づかないから余計にタチが悪い。

女性蔑視・・・?

片腹が痛いですね。

女性たちが努力をして勝ち取ったポジションを、女性人権団体が奪うというこの矛盾。

人それぞれいろんな誇れる部分があって、それをうまくいかせる職業がある社会のほうが健全だと思いますけどね。

top-pageに戻る