ニュース: 2018年1月

中手指節関節の痛み:ゴルファーのケースず (2018年01月05日)

おはようございます。

年明けも通常運転に戻り、日課のルーティンをこなしています。

今朝のトレーニングは肩。
ハイレップス系で一時間ほど。
体調がすこぶる良いので明日は脚を高重量でやろうと思っています。

さて、年明け最初の患者さんは親指の付け根を痛めたゴルファーの方でした。

関節運動や軟部組織の状態、神経痛の有無など調べていくと短母子外転筋の停止部の線維が主因と見られたため、こちらを治療。

スナフボックスや前腕近位部の筋群にも圧痛が見られたためこちらも診ました。

治療後の反応はまずまず。

打ちっぱなしの硬い足元で夢中になってスイングするうちに痛めてしまうケースが多いように感じます。
症状は頸、肩、腰、股関節、膝etc・・・

ウエイトトレーニングもそうですが夢中になっているときってえてしてケガしやすいですね。
冷静に自分の体の状態を観察しながら、適切な負荷の範囲で行うのがいいのではないでしょうか。

top-pageに戻る