ニュース: 2017年11月

閃きは行動によってもたらされる (2017年11月18日)

今朝の都内はあいにくの空模様。

空気が乾燥しきっていたので恵みの雨でしょうか。

膝外側の痛みを訴えて来院される方は、一年を通じて結構いらっしゃいます。
膝窩筋腱の問題または、腸脛靭帯に問題を抱えているケースが多いですね。

先日もセミプロランナーの方がお見えになって、腸脛靭帯炎の治療を行いました。

その際ふと思い立ち、今までのやり方をガラッと変えてやってみたところ・・・結果は上々。
後日治療後に走ってみても問題なしとのこと。

このとき、閃きは机上の理論ではなく行動によってもたらされるのだと改めて実感しました。
一つの手技を愚直に繰り返すことで、技は洗練され、新しい発想やアイデアが湧き出てくるものなんですね。

治療結果が伴わないと、いろんなテクニックや理論に目が行って、結果いろんな情報に翻弄されてさらに迷宮入りしてしまいがちですが(同じ治療家として気持ちはわからなくもない)、自分が「これだ!」と決めた手技を徹底して続けることが、結果近道になるような気がします。

カイロプラクティック(ディバーシファイド)の世界はまだまだ広くて深い。
面白いなぁ。

ダバオ孤児院のスタッフさんを治療の図。
スタッフさんも園長も、市の役員のかたも全員治療しました(笑)

今度はいついけるかな

top-pageに戻る