ニュース: 2017年11月

メンタルヘルスとビタミンB (2017年11月16日)

おはようございます。

今朝のトレーニングはぼくの永遠のテーマ三角筋。
試行錯誤を繰り返してます。
それにしても早朝出掛けるのに厳しい季節になってきました。
いままでそんなに寒さは気にならなかったのですが・・・齢かな・・・。

「会社の同僚がメンタルヘルスの問題で出勤してこない」
という話を比較的多くの患者さんからお聞きします。
うちにお越しいただいてる方々は皆様元気なので、休職中の方の分まで仕事を振られて大変なようです。

もしメンタルヘルス(特にパニック障害)の問題を指摘されたら、向精神薬にどっぷりつかる前に試してほしいことがあります。
それは徹底した栄養管理。

具体的には精製糖質の摂取をやめて、ビタミンB1およびナイアシンの摂取。フェロケルの摂取。
精製糖質はジュース、コーラ、白米、ラーメン、うどん、スイーツ、パン、パスタ。

精製糖質の過剰摂取がビタミンB1不足→を招き、その過程で嫌気性解糖主導となりATP不足が発生します。
その結果パニック障害を発症という流れ。

ビタミンはサプリで、推奨量より多めにとっていいでしょう。
ビタミンB群がすべて入っているサプリがあるのでそれが便利です。

フェロケルもサプリで補給。
ヘム鉄よりもフェロケルが良いと思います。

↑「カレカレ」(違うかも)という名前のダバオ料理。ココナッツで煮込んだお肉です。これもうまかったですねぇ。

top-pageに戻る