ニュース: 2017年9月

ミャンマーの情勢 (2017年09月06日)

11月にミャンマーに渡る予定です。

現地であるイベントを計画しているのですが、ちょっとミャンマーの情勢が風雲急を告げてきました。

今までの情報だとミャンマーの軍隊が一方的にロヒンギャの人々を弾圧しているとのことでしたが、すでにムスリム側も武装して抵抗し始めているようです。
ミャンマー側の虐殺は凄惨を極めている模様。

ミャンマー軍のイスラム教徒に対する犯罪が暴露

とても仏教国とは思えません。

そしてトルコからの声明。

エルドアン大統領「虐殺に対し世界が沈黙しようとも、トルコは沈黙しない」

ムスリムからの公式の見解であると思いますので、まったく意思表明をしない他のイスラム諸国への苦言と実質ミャンマーに対する警告と受け止められます。

ヤンゴン国際空港を利用したことがある方ならご存知だと思いますが、はっきり言ってセキュリティーはザルです。
どんな人物が入国しているかわかりません。

テロという意味ではロンドンも危険性があったわけですが、公共の場でのセキュリティー能力は比べ物にならないくらい高いですし、何といってもミャンマーは実質軍政のまま。
日本人記者が射殺された記憶も新しいところです。

昨日ヤンゴンの方と連絡とったところ、ヤンゴンは今のところ平和とのこと。

このまま平穏に過ぎてくれればよいですが。

情勢次第では渡航を自粛するつもりです。
渡航するとなっても今回を最後にしばらくは思いとどまるでしょう。

それ以前に北の暴発でそれどころではなくなるかもしれませんが・・・

top-pageに戻る