ニュース: 2017年8月

メイクドラマ (2017年08月20日)

おはようございます。

今朝のトレーニングは肩。
5種目ほどこなして〆はハムストでした。
今日も好調。

昨日、患者さんをお見送りしてPCを開くとちょうど↑の9回の表の場面でした。
久しぶりに鳥肌の立つ試合。
これぞ甲子園。

野球は9回の裏2アウトからとは先人もよく言ったものです。

仙台育英ナイン以外の球場にいた全員によぎった、いや仙台育英のナインと監督の胸にもよぎった「勝負あった」の感。

実は、ひょっとしたらこんな展開になるんじゃないかと思った瞬間があります。
それは9回に桐蔭の監督の表情がカメラに抜かれたときでした。

常勝軍団の名将の表情にちょっとゆるみが見えた気がしたのです。
サインを送るジェスチャーもどこか散漫な様子。

「うちのやつらならもう逃げ切れるだろ」

今までの野球人生で片手で数えるほども無かったかもしれない、名将の心に刺した魔。

常勝軍団が故に生まれた隙だったのか・・・

高校野球を観ていると解説の方が良く使う「監督の思いが選手に伝わる」というセリフ。
昨日はまさにこれだったのかな。

最後の最後にまさかの一塁手のベース踏み忘れ。

女神は育英に微笑みました。

しかし両チームともにナイスプレー、ナイスゲームであります。
スポーツだけでなく、人生において大切なことを教えてくれる好カードだったと思います。

top-pageに戻る