ニュース: 2017年7月

大腿外側部痛 (2017年07月15日)

おはようございます。

今朝のトレーニングは腕。
二頭と三頭をスーパーセットで。
最近のお気に入りは、DRAG CURLとCABLE PUSHDOWNのセットです。
〆に殿筋もやって終了。

さて、昨日お越しになられたサーファーの方のケース。
他の治療院では坐骨神経痛と言われたとのことで、整形外科で精密検査するも関節に異常なし。

しかしお話を伺っていくとどうも坐骨神経症状と一致しない。
大腿後面というより前外側に痛みが出ている模様。
坐骨神経を触診しても圧痛もなし。その他の整形外科的検査法でも異常なし。

そこで目先を切り替えて、大腿神経、外側大腿皮神経、大腿筋膜張筋、中殿筋、腸脛靭帯など触診していくと、一番圧痛があったのが外側大腿皮神経と鼠経靭帯の交差部位。
ここは絞扼の好発部位ですね。

治療後は痛み違和感共になし。

最近、サーフボードの種類を変更されたそうで、バランス維持のために股関節がより屈曲および内旋状態になるとのこと。それによって負担が増大したのかもしれません。

それにしても、このところ大腿外側部痛の患者さんが続きます。

top-pageに戻る