ニュース: 2017年4月

朝鮮有事 (2017年04月16日)

今日の東京は夏日。
少し暑いですが、窓を開けていると気持ちのいい風が入ってきます。

さて、朝鮮半島の有事について。
個人的には本格的な戦争にはならないと予想しています。
特に核による攻撃の可能性はほぼないと考えています。

しかしこの世のなかに100%というものはない以上、最悪の事態を想定しておかなければいけません。

伝え聞くところでは、現在の北朝鮮の核技術では、東京・名古屋・大阪・福岡といった大都市を瞬時に消滅させることはできないようです。
現時点では、爆心地から半径1.5~2kmが最も被害を受ける威力のミサイルを保有しているとのことです。

たまたま地下鉄に乗っている等の状況ならば話は別ですが、半径2km圏外の人は自力で爆風を避け、高濃度の放射性物質から身を守らなくてはいけません。

国がまとめている指針はこちら。
国民の保護に関する基本指針
内閣官房国民保護ポータルサイト

ミサイル飛来の一報と同時に地下空間やコンクリート建築に逃げて閃光と爆風を避け、その避難先の建物が倒壊や火災を起こさなければ、そのまま2日間ほどその建物内で待機し、放射性物質が降るのをやり過ごすことで高い確率で生き残ることができるとされています。

実際にミサイルが飛んできた時にどの程度役に立つかわかりませんが、知識だけでも備えておくにこしたことはないでしょう。

top-pageに戻る