ニュース: 2016年10月

四辺形間隙症候群 (2016年10月18日)

おはようございます。

先日は、お休みをいただき伊豆に釣りに行ってきました。
狙いはヒラスズキ。

コンディションは良かったのですが、無念のノーバイト。。。
まだまだ腕を磨かなくてはいけません。

tokyo-meguro-sportschiropracticdoc-kaatsudoc-sportsdoc-sihenkeikanngekishoukougunn

さて、先日トレーニングでラットプルダウンを行うと肩甲骨周囲と肩が痛くなるという方がいらっしゃいました。

触診で明らかな圧痛があるのが外側腋窩隙

外側腋窩隙は小円筋、上腕三頭筋長頭、上腕骨外科頚と関節包、大円筋に囲まれたスペースで、このスペースから出ている腋窩神経という神経が上記の筋群に絞扼されることで、腕の挙上時の痛み、鋭い圧痛、重だるいなどの症状が発現します。

治療は小円筋、腋下神経、橈骨神経、肩甲骨のポジションなどを診て、治療後は痛みほぼ無し。

四辺形間隙症候群にはカイロプラクティックが有効です。

drab-cafe

top-pageに戻る