ニュース: 2016年10月

ゲニステイン (2016年10月05日)

ゲニステインというサプリメントがあります。
このサプリメントは特に更年期障害や癌、女性ホルモンの関係でお悩みの方には選択肢として検討していただきたいサプリメントです。

ゲニステインは大豆に含まれる植物性ホルモンであり、大豆イソフラボンの一種です。フィトエストロゲンでもあり、女性ホルモン様の働きをもちます。

ゲニステインの効用
・チロシンキナーゼの働きを抑制(チロシンキナーゼの異常活性により細胞の異常増殖がおこり癌などの原因となります。
・トポイソメラーゼⅡの働きを抑制(トポイソメラーゼはDNA合成、癌細胞の分裂に関与)
・抗酸化作用
・血管新生抑制作用

ゲニステインと女性ホルモン
・ゲニステインはフィトエストロゲンの作用を持っていることから、閉経後の更年期障害の改善に有効と考えられます
・ゲニステインはエストロゲン受容体と拮抗するため乳がんの発症率を低くする働きがあります。つまり、ゲニステインはエストロゲン受容体と結合することで、エストロゲンの作用を無効にする作用があります。エストロゲンは牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。

ゲニステインとがん抑制
・ゲニステインには血管新生抑制作用があります。血管新生とは新たな血管の発育のことです。
・がん細胞は新たな血管を作ることで増殖していきますがゲニステインにはこの作用を抑えることが出来ます。

ゲニステインと更年期障害
・ゲニステインには更年期障害の症状を緩和する作用があります。従って更年期障害の症状改善にはゲニステインサプリメントと大豆製品の積極的な摂取が推奨されます。

ゲニステインと甲状腺ホルモン
・ゲニステインはチロシンの分泌を促すことがわかっています。チロシンは甲状腺ホルモンの材料です。
・ゲニステインを摂取することでチロシンの分泌が促進され、甲状腺ホルモンの生成が正常に行なわれます。

以上ざっくりとゲニステインについて書いてみましたが、非常に重要な成分であることがわかります。

tosca

top-pageに戻る