ニュース: 2016年1月

オーバーシュート (2016年01月10日)

おはようございます!

本日も快晴ですね。良い休日をお楽しみください。

chiropractictokyo-meguro-injury-emergency

 

さて、あれから5年ちかく。

東北大震災と原発事故によって福島及び近県の方々は多大な被害を受けました。
ようやく復興への道筋が見えてきたとういう地元の声もありますので、まだまだ福島の方々の心を癒すには道半ばと言うところでしょう。

そして今もSNSなどで原発や放射能についての議論が活発です。
自分たちの住環境(経済効果も含め)を真剣に議論するのは当たり前のことですが、中には悪意のあるデマを流しているだけのSNS投稿も見られます。

それを芸能人や著名人がやってしまうからたちが悪い。

もちろん放射能や原発の危険性は排除できません。しかし、悪意に基ずいた間違った情報やデマの拡散は許されるべきではないでしょう。

勘違いや間違いはしかたありません。

訂正すればいいと思いますが、確信犯に関してはこれなんとかならないものなのでしょうか?
医学的な根拠もないのに何でもかんでも原発、放射能のせいにして健康被害を訴えるようなことは、福島県の方々の事を思っているように一見して感じられますが、実は逆に非常に失礼な発言です。
まるで福島の方がたがそのような健康被害にあってほしいかのように書いているようにすら感じるときもあります。

危険を煽る前に、温かい言葉や目向きな提案の一つでもしたほうがよっぽどましなのですが、なかデマに溺れている人たちのなかにはそれに気づく人は少ないようです。

人間のやること(すべての事象がそうかもしれませんが)はときにオーバーシュートするものです。
目の前の事象がオーバーシュートしているのかどうかを冷静に客観視できるように日頃から訓練しておかないと、誤ったデマに右往左往することになりかねません。

情報というのはその真偽やエビデンス以外にも、情報発信者の意図がどこにあるのかもしっかり考えないといけません。その裏の事情にも思慮をめぐらせながら。。。

top-pageに戻る