ニュース: 2015年7月

振れ幅を小さく (2015年07月18日)

おはようございます!

今日から天候も回復するということで行楽日和ですね。

office-k-sportschiropractic-tokyo-meguro-letgo

さて、ここ数日心身ともに本調子ではなかったため、過去数年の様々なデータを振り返る作業を行いました。
好不調の波の起点はどこにあって、何が原因と考えられるかを突き止めるためです。

僕の場合は栄養面、気温や湿度などの時期性、適切な休息の有無が不調の波の起点になっています。
体重の増量期と減量期が極端なことや、梅雨時期の不調(これは大昔から)などが大きな原因だと考えられます。

本年度下半期からは好不調の波の振れ幅をなるべく小さくすべく、あらゆる作戦を練って断行していくつもりです。
そして、年明けからはさらに理想の状態へ近づくべくハードにトレーニングを行っていくでしょう。

理想に近づくにはある程度時間軸を長くとって、しっかりと計画を練ることが重要ですね。
そして些細な事でもデータとして記録(記憶)しておくことの重要性も再認識しました。

皆様はどのくらいの時間軸で計画を練っていますか?

それでは良い連休をお過ごしください。

top-pageに戻る