ニュース: 2015年7月

捻挫後の慢性的な痛み (2015年07月05日)

こんにちは!

パッとしない空模様ですが休日楽しんでいらっしゃいますか?

たった今出先から戻り、これから通常通り業務を開始します。

sportschiropractic-tokyo-office-k-anklesprain

さて、過去に受傷した捻挫がなかなか治らないというケースがあります。

捻挫の治療の場合、関節の変位やモーション、靭帯などの軟部組織の問題、神経にアプローチしていきます。
特に受傷後数週間~数か月たっても痛みが治まらないようなケースの場合は、神経へのアプローチが治療において重要になってきます。

神経へのアプローチと同時に、神経伝達機能のリハビリテーションを行うことで筋収縮スピードを改善し、再発を予防する事も必須事項です。

過去の捻挫でお悩みの方は是非一度ご相談ください

top-pageに戻る