ニュース: 2015年5月

判断 (2015年05月22日)

おはようございます!

今日も涼しくて清々しい朝ですね。
年中このくらいの気候だと理想的です。

rest-day-office-k-kaatsutraining-tokyo-meguro

さて、常日頃からトレーニングしている人(トレーニング以外の全てにも言えるかも知れませんが)は、ジムについてアップを開始した時点でその日の自分のコンディションを敏感に察知することが出来ると思います。

ちょっとした力の入り具合や、メンタルの状態、脳の覚醒の状態etc。

毎日同じコンディションで維持できればいいのですが、人間中々そうはいかないですね。
若干の感覚のずれであれば、トレーニングを進めていく時間の中で修正できていきます。
経験が長い人ほど短時間で修正できるのではないでしょうか?

まれに、修正が難しいほどの感覚のずれが生じることがあります。ズレというかまるで別物の身体になったような感覚に陥ります。
そんな時皆さんならどのような選択をするでしょうか?

昨夜の僕がまさにその状態で、いつもできるメニューが全くできなく、身体がスイッチオフのまま戻らない感じでした。
それなら切り替えて有酸素運動や軽めの重量でトレーニングするかとも思いましたが、思い切って休むことにしました。無理して深追いして怪我するのも嫌でしたのでそのような判断に至ったわけです。

10分くらいでジムから帰ってきたのは初めてです(笑)

今朝起きてみると身体はいつも通りの状態に感じていますので、昨日の休みは適切だったと思います。
何かを追いかけていると休息を取るのを忘れてしまいますが、良好なコンディションの維持には休息も必要だと改めて思いました。

それでは皆様良い一日をお過ごしください

top-pageに戻る