ニュース: 2015年5月

より精密なアプローチを (2015年05月04日)

おはようございます!

今日の都内は晴天ですね。
今夜いったん崩れるようですが、また明日から回復しそうです。
行楽日和を楽しんでください。

さて、カイロプラクティックを受診される方というのはどのような症状の方が多いかというと、圧倒的に慢性症状の方が多いという感触があります。

例えば慢性腰痛であったり、捻挫の痛みが慢性的になっていたり、慢性的な手や足のしびれ、ヘルニア、慢性偏頭痛などなど、枚挙にいとまがありません。

まず患者さんの選択としては整形外科や、保険の効く整体、接骨院などがファーストチョイスになって、そこで症状の軽減が認められなくてカイロプラクティック院に駆け込むというパターンが多いと思います。

このような場合、症状を発症してから時間が経過しているため、本来の原因以外の身体部位にも影響を及ぼしているケースが多いですね。
そして、瘢痕化してしまった組織が治癒するまでの時間もそれなりにかかってしまいます。

office-k-chiro-nerve

慢性症状を治療する際に外せないのは神経へのアプローチです。
筋肉や関節に症状が出ていたとしても、その領域を支配している神経へアプローチすることで慢性症状が劇的に軽減するのを身を持って実感しています。
これには精密なアプローチが必要とされますので、日々の訓練が非常に重要となります。

さきほど、カイロプラクティックはセカンドオピニオンのように書きました。
確かにそうなんですが、最近はちょっと変わってきたのかな~という実感もあります。
特にスポーツ選手の方、小中高校生などの治癒力の高い方は、まずカイロプラクティックにお越しになるというふうに変わってきているようにも感じますね。

top-pageに戻る