ニュース: 2015年4月

個々人が検証すべき (2015年04月27日)

こんにちは!
仕事が一段落してコーヒーブレイクです。

さて、競技種目ためや健康維持、またはダイエットのために医師やトレーニングコーチ、栄養士、インターネットなどから食事指導をことがあるでしょうか?

ジムに通っている方や、何らかの症状を抱えて通院されている方の中には指導された経験がある方が多いともいます。
この食事指導、ほとんどの場合ざっくりした内容であることが多いのではないでしょうか?

アドバイスする側の経験や主観によって指導内容が決まりますので、かなりバイアスがかかった状態になります。

例えば、「炭水化物を抜いてタンパク質を多くしましょう」と教科書通りの指導をされても、その指導者にとって炭水化物抜きが適していただけで、万人に当てはまるとは限りません。
炭水化物ちょっと入れた方が、絞りやすいとか代謝が上がって調子が良いという方もいます。

office-k-kaatsu-training-tokyo-choice

もちろん、基本的には糖質抜きは健康維持、またはダイエットに必須の要素です。タンパク質の摂取も同様に非常に重要な要素です。
ただそれをどのくらいの期間、どのくらいのボリュームで行うのかは個々人の体質によって内容は十人十色になるはずです。

色んな所から得た情報は、一度自分で試してみて、その経験則を基に自身のセオリーを見つけていくことが重要と思います。

食事制限をしているもののなかなか結果につながらない方は、実験的に色々試してみてはいかがでしょうか?

top-pageに戻る