ニュース: 2015年1月

最近多いケース (2015年01月11日)

カイロプラクティックの世界でよく聞く言い伝えに「同じ症状の患者さんが連続してお越しになる」というのがあります。
学生時代は、ふーんそんなものかなぁと思って聞いていましたが、開業してみてこれびっくり本当にそうなんですね。

そして今まさにその状態です。

症状は慢性腰痛

患者さんは20代女性から80代男性まで。

もちろん全ての方に仙腸関節の問題や臀筋、神経などの機能低下も見られますが、共通している原因に腸脛靭帯がありました。

腸脛靭帯は下の図を参照にしてください。

office-k-chiropractic-tokyo-itband

骨盤周辺の関節や筋肉を治療し終わった時点で、ほとんどの方が痛み10→3くらい。

そこで腸脛靭帯をリリースすると痛み→0。

治療後の予後も痛みが再発していない方がほとんどですので、腸脛靭帯が原因で慢性腰痛につながっていた可能性が大きいと考えられます。

top-pageに戻る