ニュース: 2014年11月

肋骨のズレによる背部の深部痛 (2014年11月15日)

普段頻繁には診ないケースですが、珍しく連続してお越しになられたケースがありました。

肋骨のズレ(亜脱臼)です。お二人とも背中の局所に鋭い痛みがあり、脊柱を伸展または回旋させると深部に鋭い痛みが出るというのが主訴でした。

肋間筋や周辺の組織を調べても同様の痛みを再現する事が出来なかったので、的を関節に絞って治療することにしました。

脊椎そのもののズレもありましたので、肋骨のズレと関節運動を合わせて治療したところで、痛みはほぼゼロになりました。
周辺の軟部組織も違和感があるとのことでしたので、そちらも少々ケアしてその日は終了。

後日お越しになられた際にお聞きしたところ、再発はしていないという事でした。

50肩やインピンジメント症候群、慢性的な肩コリの方の第一肋骨がずれているケースはままあるのですが、背中の局所痛で肋骨の運動障害が起こるケースはそんなに多くはない印象です(施術側が気づいていない可能性もありますが)。

珍しく2件続いたので、症例報告でした。

top-pageに戻る