ニュース: 2014年8月

「今ここ」と脳ストレスからの解放 (2014年08月07日)

office-k-kaatsu-training-zen

加圧トレーニングのセッション中、フォームやリズムの他にもう一つ指導させていただくことがあります。
それは呼吸です。

正しい呼吸によって腹圧を上げ、インナーマッスルの緊張率をあげることで体幹を安定させることができます。
それによって腰痛を予防し、力の伝達をスムーズにするわけです。
と、ここまではある程度トレーニングした方であれば皆さんご存知の呼吸のメリットですが、実はもう一つ狙いがあります。

それは、セロトニンという物質を放出させて、脳をリラックスまたは正常な状態にするという事です。
自分が今行っているトレーニングのフォームや、呼吸に意識を完全に集中することで大脳が正常に働き始め、日常生活で感じていたストレスから脳を開放し、新しい思考回路が生まれて来ます。
また、その集中状態にトレーニングのレップス、つまりリズム運動を加えることでセロトニンという物質が放出されますので、
トレーニング後はリラックス状態にスッと入っていけるのです。

セロトニンは抑鬱状態のかたにとって非常に重要な物質であることは有名ですね。

当オフィスはカイロプラクティックオフィスですので、皆様に心身ともに健康で快活な生活を送って頂きたいと思っております。トレーニングとダイエットが成功しても、日常生活の様々なストレスで、また元の木阿弥に戻ってしまっては悲しいものがあります。

脳も身体も、ココロも健康になって頂くために、上記のような瞑想の要素もトレーニングに組み込んでいきたいと思っています。

top-pageに戻る