ニュース: 2014年7月

肘の痛み (2014年07月20日)

office-k-chiropractic-ulnar

ピッチング動作における肘の痛みの原因で代表するものに内側側副靭帯の炎症、部分断裂、完全断裂が挙げられます。

一度断裂した靭帯を修復するにはオペしかありませんが、炎症の除去や予防と言う観点ではカイロプラクティックもピッチャーの肘関節機能を正常にいじするのに大いに貢献出来ます。

ピッチング動作に関連する関節の機能的安定性の向上や、関連する筋肉や靭帯などの組織を良好に保つための施術を定期的に行うことで、完全断裂まで行く前に予防可能です。

アイシング等で痛みが引かずにお困りの方は、手首や肩甲骨など周辺の構造も併せて診療できるカイロプラクターに一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

top-pageに戻る