ニュース: 2014年7月

新時代到来 (2014年07月05日)

様々な市場・分野でロボット関連の話題が活況を呈しています。

サイバーダイン社のHALスーツはリハビリ分野に革命をもたらしました。

office-k-chiropractic-cyberdyne-hal

日本の国策として推奨されていきますので、一般に普及する日も間近でしょう。お困りの方のためにも国はさらに力を注いでほしいものです。

身近なところで言うとカイロプラクティックの分野にロボットの進出の余地はあるのだろうかと考えてみたところ、大いにありえるなぁと思います。

↓これです。遠隔操作で外科手術が出来るダビンチ。

office-k-chiropractic-da-vinch

遠隔操作で海ブドウの粒を潰さずに極細針を通せるくらいの繊細な外科処置が出来るそうです。遠隔操作の例では、南米とヨーロッパ間での手術例があるとか。

もしダビンチのカイロプラクティック版が発売されれば、全世界の人がアメリカの医師免を持ったドクターの治療を受けられることになります。

その過程で日本国内の法整備だとかもろもろの事情はあるのでしょうがそんな時代も来るのかもしれません。

ですので日本国内の学校を出たカイロプラクターはどんどん立場がきつくなっていく時代がこの先待っているかも知れません。

並みのテクニックしかなければ、ロボットで代用できるからです。本当にずば抜けたテクニックや臨床経験を得るために精進しないと淘汰されてしまう時代ですね。いつでもそうかもしれませんが。

そんな若干の焦燥感を胸に、常に最新のカイロプラクティックを皆様にご提供すべく気を引き締めなおして明日はカイロプラクティックセミナーです。非常に楽しみです。

皆様良い週末をお過ごしください。

top-pageに戻る