ニュース: 2014年4月

内臓脂肪 (2014年04月28日)

office-k-kaatsu-training-fat

アメリカのカイロプラクティックの大学で人体解剖を行った時に、見た目とは裏腹にその内臓脂肪の多さに驚いた記憶があります。ある検体から取り出した腎臓には、臓器の周りに脂肪がびっしりと付いていて、担当の教授もこれは凄い量だ!と驚いていたのが印象的でした。

見た目は肥満ではない検体も開けてびっくり、内臓脂肪がとにかくすごいのです。

見た目はやせていても、胴回りが痩せないとか、体重が落ちないといった方は要注意。皮下脂肪以外にも蓄積している可能性がありますね。

脂肪の増加は筋骨格系の障害(ヘルニアなど)にも関連しますので、先手を打って生活習慣を見直したいものです。

top-pageに戻る