ニュース: 2014年3月

太もも外側の張り・膝外側の痛み (2014年03月29日)

マラソン自転車競技トライアスロンの選手の方々に共通的な主訴に膝や太ももの外側の張りや痛みがあります。

太ももや膝の外側には「腸脛靭帯」という構造があり、反復的な股関節の屈曲や膝の屈曲によって炎症起こし、外側広筋と癒着してしまうことが痛みの発生メカニズムです。

office-k-chiropractic-iliotibial
(クリックすると拡大します)

また大腿筋膜張筋や中臀筋とも連結しているためそれらの筋にも関連痛がしばしば見られます。
また同時にハムストリングスにも痛みや張りを感じる方が多いように思います。

腸脛靭帯・仙腸関節、股関節、臀筋群を合わせて治療していくことが非常に重要であり、カイロプラクティックが非常に有効な治療法となります。

top-pageに戻る