ニュース: 2014年2月

フィードフォワード (2014年02月25日)

職業上「過去」についてのフィードバックを求められます。
なぜこのような症状になってしまったのか?なぜ身体作りがうまくいかないのか?そのような疑問が浮かんだ時に、皆様が効いてくるのは決まって過去の事、つまり原因です。
しかし面白いことに、それを分析して一緒に答えを導き出してみましょうと提案させていただくと、ほとんどの方は「原因は思い当たらない」とおっしゃいます。または思い当たらないふりをします。

これは心理学的には自己防衛的反応と考えられているようです。
専門的な知識を持っていないために、目標に対して自分自身が「無能」であることを理解できない、または理解するのに必要な情報すら持ち合わせていないという現象です。それが自身の過大評価につながり、目標とは180度違う方向に進んでしまう。

また人間には「自己高揚動機」というものが備わっているため、自分の無知を認めたがらないどころか無知と対立してしまうのだそうです。

こういった理由から、私は求められない限り極力過去の事には触れずに、将来的に望ましい振る舞い、すなわちフィードフォワードを提供するように心がけています(もちろん押し付けません。その方のモチベーションに合わせます)。

逆に自分の無知をさらけ出してどんどんぶつかってくる方々は、なるほど、思い浮かべてみると皆目標達成している人ばかり。

最近は診療やトレーニング指導以外にも、こんな風に心理学的アプローチも研究しています。
なかなか面白いです

top-pageに戻る