ニュース: 2014年1月

痛みの発現部位と感情 (2014年01月30日)

とある組織では感じている痛みの発現部位によって原因となっている感情の種類がわかるのだという。

例えば足が痛いですと言えば、「ああそれはあなたの心に巣食う悲しみのせいです」とか、腕が痛いと言えば「ああそれはあなたの心に巣食う怒りのせいです」といった具合に。

心理的要因が身体に痛みを発現させるのははっきりしていますが、特定の感情が特定の部位に出て、鑑別診断に用いることができるのだろうか・・・

ちょっと聞いたことないなぁということで調べてみました。

最新のデータ(2014年1月)はオーストラリアの大学が発表したデータで、その研究では182名の被験者を対象に調査を行ったそうです。
結果、特定の感情が特定の部位に表れるというエビデンスは得られなかったということです。

つまりどこかが痛くても「怒・哀・焦・寂」などの感情が原因だと特定できないということです。

top-pageに戻る