ニュース: 2014年1月

アキレス腱障害 (2014年01月24日)

アスリート、非アスリートを問わずアキレス腱の痛みは多くの方を困らせています。
正確には「Achilles Tendinopathy : アキレス腱障害」といいます。

アキレス腱に関わらず「腱」に問題が起こっている場合、その多くが関節機能や整列の異常、過度な反復運動に起因しています。関節が変位した状態で反復的に運動することで腱に負担がかかり、腱組織の微細な断裂が発生します。
微細断裂は腱組織内のコラーゲン組織の走行を狂わせ、炎症を誘発します。

アキレス腱の障害を有する方々に共通的な関節の整列不全に外反膝があります(下の画像)。

office-k-chiro-qangle

明らかに異常な負荷が膝関節と、足関節、アキレス腱にかかっているのがわかると思います。
外反膝は股関節の変位とその周辺筋群の筋力低下が原因と成ります。
従って、アキレス腱障害の治療は、アキレス腱そのものの退行変性の除去と共に、股関節のケアを同時に行うということになります。