ニュース: 2013年12月

顎関節症と耳の痛み及び偏頭痛 (2013年12月05日)

顎関節症と診断された方々が耳の痛みや偏頭痛を併発されていることが多々あります。
顎関節の運動異常に加えて、頚椎や後頭部及びその周辺の筋群の機能不全によりこのような症状が発生します。
これらの症状に対してカイロプラクティックは非常に効果的なアプローチであり、薬を用いずに症状を改善したい方にとっての第一選択肢となることと思います。

顎関節周辺の筋群や咬筋群(口を開けたり閉めたり、物を噛む筋肉)に加えて、後頭部の筋肉や頚椎の筋肉を操作することにより頚椎にある椎骨動脈由来の偏頭痛も改善できます。

頚椎及び後頭部、顎関節のセクションは全てリンクしていますので多角的にアプローチすることが重要となります。

お困りの方は是非一度ご相談ください

top-pageに戻る