ニュース: 2013年11月

頚筋性症状 (2013年11月15日)

現代のライフスタイル(パソコン、運動不足、偏った栄養等々)で発生する姿勢異常(猫背、肩前突、頭部前突)は様々な症状を引き起こします。

頭部に表れる症状の代表的なものに偏頭痛、眼底痛及び眼精疲労が挙げられます。後頭部と首を結んでいる後頭下筋群の過緊張や頚椎の亜脱臼(サブラクセーション)、可動域の低下により椎骨動脈を圧迫することで頭部への血流量が減少し偏頭痛や眼底痛、眼精疲労を引き起こします。それらの症状及び根本的な原因はカイロプラクティックによって効果的に改善が可能です。

また後頭下筋群や頚椎と自律神経症状の関係も明らかになってきています。
専門機関では「頚筋性うつ」と診断名が付くようです。

カイロプラクティックによる自律神経失調症の症状改善には定評がありますので、頭頸部及び脊柱全体を施術することでこちらも効果的に改善が可能です。

お困りの方は是非一度ご相談ください。

top-pageに戻る