ニュース: 2013年11月

顎関節症 (2013年11月10日)

顎関節症は、噛み合わせや偏咀嚼、ストレス
などなどにより咬筋群や顎関節の靭帯に過緊
張が生じることで、顎関節の異常な運動パタ
ーンが発生し、痛みや開口障害などが生じる
障害です。

office-k-chiro-jawjoints

顎関節症は、徒手医学的(カイロプラクティッ
ク)で症状の改善が期待できます。
顎関節の関節円板の異常運動、周辺靭帯及び筋
肉の硬縮の除去、頚椎の整列の回復が主な治療
方法となります。

また全体のアンバランス、すなわち猫背や骨盤
周辺機能の低下なども顎関節に影響するため、
併せてコンディションを良好に保つ事が必要で
す。もちろんそれらもカイロラクティックの適
応になります。

top-pageに戻る