ニュース: 2013年8月

スポーツ障害と加圧トレーニング (2013年08月21日)

スポーツ障害の治療には患部にメスを入れることは極力
裂けることが望ましいのは言うまでもありません。

従来の外科的治療は競技復帰までに2年近くかかるか、も
しくは復帰を断念せざるを得なくなる可能性が高いため
です。

このため、メスを入れることなくスポーツ障害を治療する
新たな治療法として加圧は注目を集めています。

加圧トレ-ニングを用いた前十字靭帯損傷及びアキレス腱
断裂といったスポーツ障害の臨床試験において治癒効果が
確認されたためです。

また筋肥大を必要としない競技の選手の方(クラッシック
バレエ、器械体操 etc)に対する運動処方として加圧が
適しているのは先日ご紹介したデータからも読み取れると
思います。

今後、スポーツ障害に対するアプローチの中で、カイロプ
ラクティックと同様に重要性な役割を示すことでしょう


facebook
top-page