ニュース: 2013年8月

加圧トレーニングの体幹への効果 (2013年08月08日)

加圧トレーニングは四肢のみに有効であると誤解されがちで
あることから、体幹への効果が検証されました。
そのリサーチをご紹介します。

主に多関節運動であるベンチプレスを用い、30%1RMで加圧ト
レーニングを行なった時の体幹筋群への効果を検討すると、
加圧運動時の大胸筋及び上腕三頭筋の筋活動量は、上腕三頭
筋だけでなく大胸筋においても挙上回数を重ねるごとに増加
し、最終セットの終板では運動開始時よりも110%~120%高い
値を示した。

また加圧運動は加圧なし運動よりも有意に高い筋活動量であ
った。

これは単関節運動で四肢の身を運動させた場合と同様の結果
を示しており、低強度の加圧ベンチプレス運動では、腕の筋
群だけでなく体幹の筋群においても挙上した負荷重量以上の
大きな力学的ストレスを受けることがわかった。

このため非血流制限部位である体幹部でも加圧トレーニング
の刺激が十分作用すると考えられる。

(nakajimaら)

加圧は体幹部には作用しないという印象がこれで払拭されま
したでしょうか?

トレーニングメニューをしっかり構築することで、身体全体
の機能を回復することが可能となります。

facebook
top-pageに戻る